TOP / REVIEW /

■ Hazard4 Big Koala -smartphone+gear case- ■


■購入日
2016年11月頃

■購入店
Amazon経由、イーギアーズ

■購入価格
\3,000台

■長所
iPhone5、SEにちょうどいいサイズ。
ベルクロで開閉も簡単。
内側がキルティングになっていて安心。

■短所
お値段が高い。
ベルクロが強力過ぎる。

■画像と感想
外観と寸法

内寸が深さ130、幅が84、厚さ20。ただし厚さ方向は両側面のゴムによって縮み方向に応力が掛ってますので、薄いスマホでも常時挟まれてます。
ぐらぐら動きはしません。

このサイズはiPhoneSEには大きいのではないか?と心配もしましたが、実際には取り出す際に両側に指が入らないと困るので、このくらいがちょうど良いことが判りました。

Hazard4のラインナップは名前が結構謎なのですが、Mil-Koalaという細いポーチ(フラッシュライト用)が先にあって、それを拡張したのでBigなんでしょう。
なぜコアラなのかは・・・?


フラップ

開閉はベルクロ。
75x60程度の大きな面積なので強力に食いついており、開けるときにはかなり力が要ります。
それこそ、ポーチ全体が持ち上げられてしまうくらい。
なので


ワッペンを貼って面積を減らしてやるとちょうど良い。
またHazard4にCONDORのワッペンで失礼な感じですが・・・


MOLLEウェビング

背面はMOLLE互換のウェビング。
樹脂のD環もついているのでカラビナで吊るしてもOK。
でもぶら下げるとスマホの抜き差しには不便です。
MOLLEでがっちり縫い付けた方が良い。


サブポケット

両サイドのゴム部分は二重になっていて、ここにペンを挟んだりしてる紹介ページがたまにありますが、無理です。信じないように。
挿してみましょうか?


よいしょっと
ぐりぐりぐり・・・


・・・できた。
・・・おかしいでしょこれ!

製造元のサイトでも「二重のエラスティックバンドがあり、予備の電池などを収納」などと書かれていますが、真に受けない方が良いです。



TOP / REVIEW /